ふらっと思いつきで一人旅をします。 日帰りもあれば泊まりもあります。 神社仏閣大好きです。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.06
最初に言っておきますが、ここに取れる時間が少なくなってしまって、
写真があまりとれず、すべては周れませんでした。
メインの御釜殿も15時までで、終了していて、見れませんでした。
残念です。

一の鳥居をくぐり少し歩くと参道があります。
というか、鳥居をくぐったらもう参道ですけど、少し行ったら参道らしくなってきます。
参道

参道より吉備津神社を拝む。
前回までの吉備津彦神社と同じ、吉備の中山の西側になります。
参道から

北隨神門の写真がなかったので、北隨神門から拝殿への写真です。
入口


本殿です。
神社建築の中では京都の八坂神社に次ぐ大きさだそうです。
この写真では全体像が分かりにくいですが…
拝殿
御祭神は大吉備津彦命
 日子刺方別命
 倭飛羽矢若屋比賣命
 千千速比賣命
 大倭迹々日百襲比賣命
 御友別命
 若日子建吉備津彦命
 中津彦命
 日子寤間命
 外陣 東笏御崎神(浦凝別命・鴨別命),西笏御崎神(稲速別命・弟彦命)

吉備津彦神社の尺御崎神社の御祭神と、外陣の神様は一緒かと思ったのですが
全然名前が違うので違うのかな?

大倭迹々日百襲比賣命というのは箸墓古墳の被葬者ですよね。
卑弥呼ではないかと言われている人。
何で関係あるのかと思っていたら吉備津彦命のお姉さんなんですね。
ここで初めて知りました。
でも、吉備津彦命事態誰だかはっきりしないみたいなので
後付けなのかもしれませんね。

イチョウのご神木と社務所の奥のお庭です。
境内の様子

お参りした後、ご朱印を頂いたのですが、時間がないのを気にしていて焦っていたのか
お金を払い忘れそうになりました。
何だか、すごく恥ずかしかったです。

一童社です。
御祭神は菅原道真・天鈿女
変な組み合わせですね。
一童社

これおちゃめですよね。
神社の方がやったんだろうか。
おみくじ

長い回廊が続いています。
回廊

ちょっと厳しい階段を上ると、
岩山宮へ

岩山宮です。祭神は、吉備国魂の建日方別神。
岩山宮

この後、御釜殿に行ったのですが15時までということで、隙間から覗くぐらいしかできませんでした。
ここまででタイムオーバー。

すべてにお参りすることができませんでした。
また、岡山市はとてもおもしろそうな史跡が多くあるようなので絶対また来ようと思いました。

吉備津彦神社共々、とても心地のよい神社なので絶対お勧めです。


人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 神社めぐり

ジャンル : 旅行

2009.05.04
最後になりましたが、本殿です。
本殿


そして本殿の四方を守るように楽御崎神社、尺御崎神社があります。
4社
手前2社(写真は下)が楽御崎神社、奥の2社(写真では上)が尺御崎神社。
柵越しでした。
ここは入れる時があるみたいなのですが、よくわかりません。
年始に無料で特別拝観があったという記事を見つけたのですが、
毎年なのか、何年かごとなのか、わかりませんでした。

楽御崎神社の御祭神
 楽々与里彦命
 楽々森彦命

尺御崎神社の御祭神
 夜目麻呂命
 夜目山主命

桃太郎伝説の犬、猿、雉は
犬=片岡(犬飼)健命 十柱神社
猿=楽々森彦命    楽御崎神社
雉=留玉臣     ?
と言われています。

留玉臣(雉)というのは他で調べたのですが、「留玉臣」にあたる神様がおられるのかよくわかりません。
ホームページが間違っているみたいですね。
尺御崎神社の御祭神なのかもしれません。
住んでいる地名で犬、猿、雉とつけられたみたいなので、名前については正確かどうかは微妙です。
それぞれ一人ずつではなさそうですし。


次は吉備津神社です。

人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 神社めぐり

ジャンル : 旅行

2009.05.02
本殿に向かって左側に行くともう一人の主役温羅神社があります。
温羅神社
鬼退治神話で温羅は百済の皇子に当たるんですね。
雑誌「本当にあった怖い話」で連載されていた「闇の検証」で霊能者の方が
「外国人がいる!!」
と言ったそうです。
百済の皇子と聞くと顔立ちは日本人と似てるのではないかと思ってしまうのですが、
三国志で呉の孫権は碧眼だったというようなことを読んだことがあります。
大陸のほうはどういう人種がいるのか分からないですね。
はっきりと外国人と言えるような顔立ちだったのかもしれませんね。
いずれにせよ、温羅というのはヤマト民族が国内を制圧していく段階で討伐していった民族だというのが一般的みたいです。


続いて3つの末社があります。
3末社
十柱神社
 吉備海部直祖 山田日芸丸 和田叔奈麿 針間字自可直 夜目山主
 栗坂富玉臣 忍海直祖 片岡健命 八枝麿 夜目丸
牛馬神社
 保食神
祖霊社 当神社社家の祖霊

社殿を写すのを忘れてしまいましたが、稲荷神社です。
稲荷神社
私はお稲荷さんは結構好きなんですよね。


人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 神社めぐり

ジャンル : 旅行

2009.05.01
境内右手に行くと天満宮があります。
天満宮

菅原道真公が、太宰府向かわれる時に立ち寄ったそうです。
私は無実の罪で流されたことにちょっと同情しています。
京都から福岡まで交通機関も発達していないのにとても大変だったと思います。
ここは一宮なのでその当時すでにあったと思いますが、他にも神社とか、名勝地に寄って
楽しんで行ったのかもと思うと、ちょっとうれしいです。
そんな気持ちじゃなかったと思いますが。


続いて子安神社があります。
子安神社
ここは子授けで有名みたいです。
子安神社の脇に自生する蕨(ワラビ)を夫婦で食べると懐妊するという伝承があるそうです。
しかし、欲しかったら持って帰ってもいいものだろうか。


続いて末社が7つ並んでいます。
7末社
手前から
 下宮(しものみや)
 倭比賣命
 伊勢宮 天照大神
 幸神社 猿田彦命
 鯉喰神社 楽々森彦命荒魂
 矢喰神社 吉備津彦命御矢
 坂樹神社 句句廼馳神
 祓神社 祓戸神

「カルラ舞う」でここがたぶん元伊勢だったということが書かれていますが
「倭比賣命」が祀られているので、本当にそうなのかもしれない。

「あれっ」と思ったのですが、一番奥まで行くと行き止まりになってるのに
なぜこんなところに祓戸神が祀られているのか。
入口付近にあるものなのに。
なんだか変ですね。

「加門七海」さんの本で読んだのですが、
鳥居にはお清めの意味があるそうです。
鳥居をくぐり、祓戸神にお参りし、お手水を使って、また二の鳥居、三の鳥居とありますよね。
それで、一番きれいな状態で拝殿に向かうということらしいです。


人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 神社めぐり

ジャンル : 旅行

2009.04.29
このときは18きっぷを使って家から広島まで直行する予定でしたが
急遽、岡山で途中下車して岡山の一宮に行こうと思い立ったのでした。

本当はここには最後の日に行く予定でしたが
夕方5時に広島に着いても見るところがないと思い込んでいました。

備前一宮駅を降りて、下車した出口の反対側に行くと吉備津彦神社があります。

吉備の中山
吉備の中山の北側 龍王山
ここには登山道があり、祭祀跡や古墳、磐座があるらしいのですが
あまり時間がなくて行けなかった。
「神の山です」と言っているし、厳し目の山戒があるのでご神体山になるのだろうか。
形もいかにもという感じだし。


鳥居
狛犬

参道を行くと両側に神池があります。
写真に向かって左側亀島神社、右側に鶴島神社があります。
神池には亀がいました。
参道


大燈篭
境内に入ると大燈篭があります。
これは、高さ11.5m.、笠石8畳の日本一大きな燈籠です。

平安杉
平安杉 ご神木です。一度火事で焼けてしまったあと、大手術治療が行われたそうです。
「この木に龍の宿る」という伝承があるそうです。

拝殿
拝殿

拝殿に向かうとすごくひんやりとした空気。
神様の気はひんやり涼しげな感じがするそうなので、「あぁこれか」と思いました。
マイナスイオンが出てるのかと思っていました。

お参りを済ませたのですが、前日まで少し肌寒く、それに合わせて服を選んで来ました。
この日はかなり暑く、外人さんがちらほらいたのですが、みんな半そででした。
汗びっしょりになって、御朱印をもらいました。


人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 国内旅行

ジャンル : 旅行

検索フォーム
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします。
お気に入りシリーズ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。