ふらっと思いつきで一人旅をします。 日帰りもあれば泊まりもあります。 神社仏閣大好きです。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.03
皆様、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

ブログの更新が滞ってしまいました。

旅行に行かないとネタがないってことと
ついつい面倒になってしまいました。

見に来てくれている方には
本当に申し訳ないです。

今年は広告が出ない程度には頑張りたいと思います。



除夜の鐘が鳴り終わった後、初詣に行ってきました。


毎年夜に近所の熊野神社、深川神社にお参りに行きます。

今年は雪が降っていたんですが
去年よりは寒くはなかったです。


熊野神社です。
初詣1


小さな神社ですが
熊野古道が世界遺産になったことで
ずいぶんと活性化してきました。


ろうそくを一つ頂いて、参道の両端に並べます。

これは今年初めてでした。

雪の中にろうそくの灯りで道が出来ていて
幻想的でしたよ。

雪のせいで参拝客は少なめでした。

おみくじを引いたら小吉でした。
でも、内容はかなり良かったです。


こちらは深川神社です。
初詣2


うちからは、徒歩だと30分ぐらいかかります。
去年は途中で限界を超えるほど寒かったんですが
やっぱり雪が降っているのに暖かかったです。

ここでもおみくじを引きました。
こちらは大吉。

内容はちょっと厳しい部分もあったんですが
新年早々、縁起がいいです。

神様ありがとうございます。

破魔矢を買って帰りました。
千円の破魔矢だけど、
財布に一万円しか入っていなくて
お釣りをたくさんもらわなきゃいけなかったです。
ちょっと申し訳なかったです。

そういえば去年もそんなでした。

雪のせいであまり混んでいなかったので
良かったです。


人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 神社めぐり

ジャンル : 旅行

2009.10.03
前回の記事で予告した
鳥居前の狛犬さんです。

窯神神社2-1

ここも檻に入っています。
この狛犬さんも陶製です。

瓦みたいな質感です。


埃がたまるので
一度はずして掃除しようかって
祭りの委員の方が言っていました。


磁祖 加藤民吉翁の銅像です。
窯神神社2-2

この後ろにある煉瓦風の
建物が前夜祭で松明を放り込む
窯になります。

ここで焼き物が焼けるわけでは
ないと思います。


裏から見た窯です。
窯神神社2-3

前夜祭のときは
この扉が開いて
その中に松明を投げ入れます。


加藤民吉さんの逸話です。

この方は瀬戸では磁祖と呼ばれ
称えられていますが
実際に行ったのは産業スパイです。

江戸時代中期、瀬戸焼は
有田焼に押されかなりの窮地に
立たされていました。

1804年、加藤民吉は磁器の製法を修得するために九州へ渡ります。
ですが、有田焼の技術は門外不出のため
よそ者には技術を教えては貰えませんでした。

そこで地元の女性と結婚して子供をもうけ
完全に地元民として土着してやっと
技術を教えてもらうことができました。

でも、民吉さん、教えてもらうや否や
夜逃げして瀬戸に磁器の製法を伝えます。
おかげで瀬戸焼は復興しました。


が、


残された奥さんは民吉さんの後を追います。
しかし、民吉さんが瀬戸にも家庭を持っていたことを知り
ショックのあまり自ら命を
絶ってしまいました。

瀬戸ではせともの祭りが行われる
二日間のうち一日は
必ずといっていいほど雨が降ります。
それは奥さんの涙雨だと言われています。


子供の頃初めてこの話を聞いたとき
ひどい人としか思いませんでした。

今もいい印象なんてないです。


人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 神社めぐり

ジャンル : 旅行

2009.09.29
せともの祭りの主役
加藤民吉さんが祭られている神社です。
窯神神社1-1


尾張瀬戸駅のすぐそばにある
パルティせとから左に曲がり
坂をずっと登っていくと
この神社があります。

窯神神社1-2


けっこう距離がありますよ。

せともの祭りの前夜祭で
ここまで来た時は途中から
空気がひんやりして
涼しかったです。

少しだけ標高が高くなるだけで
こんなに涼しいんだと
びっくりしました。


窯神神社1-3


社殿は見にくいですが
丸く窯をかたどった形になっています。


また紫の光が入ってしまいましたが
カメラのいつもこの位置に
光が出るので
レンズが汚れているのかもしれません。
磨いときます。


神社の由来
「窯神神社は磁祖加藤民吉翁が信仰していた
秋葉大権現 矢満威徳天神 金毘羅大権現
三神の遍拝所建立を申請し、
文政七年(1824)5月に尾張藩の許可を得て
翁の窯場背後の山上に祀ったのが始まりであります。
その後に民吉翁が合祀され「やきもの」の神社
として市民の崇敬を受けています。」


窯神神社1-4


横からの図です。
写真では分からないのですが
社殿を守るように
陶製の白い狛犬さんがいます。


檻みたいなものに入っていますが
昔、若い子たちが入って来て
壊したんだそうです。
酷いですね。


窯神神社1-5


境内の狛犬さんです。
ブロンズ製ですが
形が新しい感じですね。

狛犬は鳥居前にもありますが
それは次回に。


人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : 神社めぐり

ジャンル : 旅行

2009.09.25
お勧めのかき氷屋さんのかき氷です。
宇治金時。
せともの祭り2-1

ここは昔ながらのかき氷機を使っているので
氷がサラサラでおいしいです。
特に宇治はちゃんと抹茶をたてているので
絶品ですよ。


お店はこれです。
せともの祭り2-2

毎年せともの祭りのときだけ
やっています。
駅からすぐのパルティ瀬戸の裏手の方にあります。


ココア生地のクレープ買いました。
せともの祭り2-3

おいしそうでしょ?
でも、まずかったんです。

おいしいとこで買いなおしました。
おいしいクレープ屋さんは時々移動しているんですが
300円、400円と安く
シャネルとかイヴサンローランとかの
ブランド物の包み紙を使っています。

今回は深川神社から
川を渡って真っ直ぐ行った広場の所にありました。
包装紙が見えるところに出してあるので
チェックしてくださいね。


最後に瀬戸キャニオンです。
せともの祭り2-4

瀬戸キャニオンは窯神神社から
東の方へ出ると見られます。

瀬戸の焼き物の粘土は
ここから採掘されます。


ガラスの材料となる石英みたいなものも
一緒にとれるので
ガラス工芸もちょっと有名みたいです。
手作り体験ができるところもあるみたいですよ。

次は加藤民吉さんが祀られている
窯神神社の紹介をしたいと思います。


人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : ちょっとおでかけ

ジャンル : 旅行

2009.09.20
先日せともの祭りに行ってきました。
そんなに写真がないのですが
ちょっとだけ
紹介したいと思います。

せともの祭りは
毎年9月の半ばごろの土日に
開催されます。
9月の第2土曜日と次の日曜日が基本ですが
第2土曜日が一ケタの場合
第3土曜日と次の日曜日に開催される時があります。
どうなるか分からないので
行かれる方は調べたほうがいいですよ。


このお祭りは
磁祖、加藤民吉さんの
お祭りです。


こまいぬ座という子供太鼓です。
ちょうどやっていました。
せともの祭り1-1

子供だけれど
けっこう見ごたえがあります。

前日の金曜に前夜祭が開催されます。
その時は民吉を祭る窯神神社で
こまいぬ座の太鼓が奉納されます。


前夜祭は一度だけ行ったことがあります。

近くの広場から窯神神社まで
松明を持ったたくさんの人たちが
歩いて行き、窯神神社の窯に
松明を投げ込んでいきます。


窯神神社は尾張瀬戸駅から少し行った
丘の上にあります。
遠くから見ると
松明が一列に並んで
きれいなんじゃないかと思います。

私は一緒に窯神神社に歩いて行ったので
分からないですけどね。


瀬戸川で子供たちが遊んでいます。
せともの祭り1-2

少し前までこの川は
生活排水が流れ込んで
すごく汚かったんですが
万博が開催される頃に
魚が住める程きれいになりました。


珍しい屋台が出ていたので撮ってみました。
ナンとカレーが売られています。
せともの祭り1-3

妹が買ったそうですが
結構おいしかったそうです。

でも、カレーは食べ歩きには
ちょっと向かないと思います。


深川神社の前の道をずっと歩いて行くと
橋があるんですが
その端に狛犬さんがいました。
せともの祭り1-4
せともの祭り1-5

歯と爪がすごいです。
この狛犬は陶製のようです。


人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ : ちょっとおでかけ

ジャンル : 旅行

検索フォーム
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします。
お気に入りシリーズ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。