ふらっと思いつきで一人旅をします。 日帰りもあれば泊まりもあります。 神社仏閣大好きです。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.05
深川神社と同じ境内の東に陶彦神社があります。
瀬戸の焼物の祖と言われる、加藤四郎左エ門景正(藤四郎)が祀られています。
創意工夫の神様として知られています。

ホームページはこちらです。
ホームページには生まれについてしっかり書いてあるのですが
実際のところよく分かっていないようです。

毎年四月に陶祖祭がおこなわれます。
地元の人は藤四郎祭(とうしろうまつり)と呼んだりもします。

九月に行われるせともの祭は磁祖、加藤民吉を祭るお祭りです。
加藤民吉は少し離れた場所、窯神神社に祀られています。


陶彦神社の鳥居です。
一の鳥居が深川神社とは別にあります。
陶彦神社1


陶彦神社拝殿です。
ホームページより
「設計は、宮内庁に勤め、正倉院などを手掛けてきた、伊藤平二による斬新で洗練されたデザインの貴重な建造物である。」
陶彦神社2

藤四郎は焼き物の勉強をした後、良質の粘土を求めて全国を行脚したそうです。
深川神社でお参りした際に
「神社より巽の方角(南東)、祖母懐の地に、良土がある」
というお告げを受けたそうです。

私が父から聞いた話は
よい粘土がなかなか見つからず、瀬戸川の橋の上で途方に暮れていたところ
川から粘土混じりの水が流れて来たのを見て
上流に行ってみたところ、粘土を見つけたということでした。

粘土の採掘場は「瀬戸キャニオン」と呼ばれています。
なんだかなぁと思うのですが…


ここも狛犬さんがたくさんいます。
拝殿前の狛犬さんです。
陶彦神社3


二の鳥居のそばの狛犬さんです。
陶彦神社4


拝殿の中にある陶製の狛犬さんです。
隙間から撮ってみました。
拝殿写真の塀の上から頭が出ているのが分かると思います。
陶彦神社5gif

お参りすれば分かると思いますが
本殿にも狛犬さんがいます。
この狛犬さんは生きているような感じに見えます。
あばらまで分かるように作られています。
この神社の中でこの狛犬さんが一番好きです。


江原啓之さんの本で読んだのですが
狛犬さんは夕方になると町のパトロールに行かれるそうです。
本殿の神様の御崎神のような感じなんでしょうか。
本殿前の狛犬さんは役割が違うのかもしれません。


人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 神社めぐり

ジャンル : 旅行

検索フォーム
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします。
お気に入りシリーズ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。