ふらっと思いつきで一人旅をします。 日帰りもあれば泊まりもあります。 神社仏閣大好きです。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.12
拝殿です。
平日なので人が少ないです。
真澄田神社2-1

御祭神
天火明命(あめのほあかりのみこと)

天照大神の孫神にあたる方で
古代の豪族尾張一族の祖先神です。

尾張一族は結構な権力を持った一族だったようです。
大和王権の初期の中心地は
奈良県桜井市のの大三輪神社付近ですが
この辺で出土する土器は5割近くが東海からきたそうです。
大和王権成立の立役者のような感じだったんですね。
ナンバー2だけど。

社殿によれば御鎮座は神武天皇33年。
うそ~!!って思いました。
第十代の崇神天皇が初代なのではって言われていますよね。
そんな年号が本当に使われていたのかって感じです。
歴史が深いですよ、ぐらいに見ておいた方がいいのかもしれません。


境内にはご神木のような
大きい木がたくさん生えています。
真澄田神社2-3

写真がちょっと暗いですが。


服織神社
真澄田神社2-2

御祭神
萬幡豊秋津師比賣命(よろずはたとよあきつりひめのみこと)
天火明命の母神です。

このご神名の意味するところは
「総ての織物を、生地の上からも、柄の上からも、これを立派に、
且つ精巧に作り上げることを教えられ、且つ御守護、奨励される神」
ということらしいです。

繊維の町、一宮市の根本にある神社という感じがします。


人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 神社めぐり

ジャンル : 旅行

検索フォーム
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします。
お気に入りシリーズ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。