ふらっと思いつきで一人旅をします。 日帰りもあれば泊まりもあります。 神社仏閣大好きです。

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀三井寺

2009.04.21
ホテルに荷物を預け、紀三井寺に行きました。
ホテルのすぐそばで、朝8時頃に出たので平日なこともあってか人が少なく、
朝の空気がとても気持ちよかったです。
楼門
楼門

ホームページで見たのと楼門の色が違うのですが、塗りなおしたんでしょうかね。


早すぎたのか、お守り、御朱印などまだ準備中で少し待たなければいけなかった。
まぁ、お守りは買ってないですけど…

階段
結縁坂

ホームページより抜粋
「江戸時代の豪商・紀ノ国屋文左衛門は、若い頃にはここ紀州に住む、貧しいけれど孝心篤い青年でした。
 ある日、母を背負って紀三井寺の表坂を登り、観音様にお詣りしておりましたところ、草履の鼻緒が切れてしまいました。
困っていた文左衛門を見かけて、鼻緒をすげ替えてくれたのが、和歌浦湾、紀三井寺の真向かいにある玉津島神社の宮司の娘「おかよ」でした。
 これがきっかけとなって、文左衛門とおかよの間に恋が芽生え、二人は結ばれました。
 後に、文左衛門は宮司の出資金によって船を仕立て、蜜柑と材木を江戸へ送って大もうけをしたのでした。
 紀ノ国屋文左衛門の結婚と出世のきっかけとなった紀三井寺の表坂は、それ以来「結縁坂」と呼ばれるようになりました。」

結構急な階段で231段あるそうです。
ちょっと息切れしました。

本堂にてお参りの時、線香をあげました。
線香
わ~い、一番乗り♪

本堂飾り
本堂の柱に狛犬のようなものが。
かわいかったので、パチリ。

ブログ初心者なもので、本堂の写真など撮るのを忘れてしまいました。
大観音像仏殿には日本最大 総漆金箔張大千手十一面観音像があります。
腕のところから紐が出ていて、下にある独鈷杵につながっています。
触るとご利益があるとか。
これも建物の写真を撮り忘れてしまいました。
去年できたばかりで、ホームページにはまだ載っていないようでした。


多宝塔
多宝塔
1449年建立ということですがすごくきれいでした。
これも塗りなおしたのかな?
塔には仏舎利が納めてあると聞いたことがあるのですが、新しいお寺の塔にもすべてあるんだろうか?


あまりきちんと調べていかなかったので紀三井寺の名前の元となった
清浄水・楊柳水・吉祥水の三井水を見るのを忘れてしまいました。
残念。
神社好きなので神社については調べるのですが、寺なのでほとんど調べずに行きました。
きちんと調べてから行くべきでした。

でも、桜が満開に近く、とてもきれいでした。
来てみてよかったです。


人気ブログランキングに登録しました。
ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行

ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします。
お気に入りシリーズ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。